パワハラ相談室 TOP → パワハラについて パワハラ予備軍

パワハラ予備軍

さて、それでは、『パワハラ予備軍』について少しお話していきましょう。一歩間違えればパワハラになりかねないこと。部下を持つ場合、私達はそれを認識しておく必要があります。パワハラになってしまう前に、自分の動向をもう一度よく見つめ直してみましょう。

パワハラ予備軍になりやすい性格の特徴としては、『仕事が人より出来る』ということ。これは、一見長所のようにも見えますが、パワハラ予備軍になってしまう可能性が大きい要素でもあります。『これは私でも出来た仕事だから、あなたにも同じ時間で、同じ量出来るはず』と、部下の力量を考えず、仕事を『押し付けた』形になってしまうのです。

もちろん、『上司に言われた仕事が出来ないなんて、部下として失格』と思うかもしれません。しかし、部下の出来る分量を把握し、それを采配するのも上司の仕事です。人間は全員コンピューターではありません。たとえスピードの遅い部下が居たとしても、その部下の長所を活かして仕事をさせるのが、本来の意味での『出来る上司』です。

それを頭ごなしに、『どうして言った仕事も出来ないんだ。私の立てた計画なら出来るはずだ』と叱りつけるのは、パワハラ予備軍か、もしくはもうパワハラの域に達しているかもしれません。その言葉は、『あなたは無能だ』と言い渡しているのと一緒だからです。自分の立てた計画に不備は無かったかを見直し、それでも見当たらない場合は、部下と相談して仕事の計画を立てるべきでしょう。


パワハラについて