パワハラ相談室 TOP → コミュニケーション術 部下や周囲のとるべき行動とは

部下や周囲のとるべき行動とは

もしも社内でパワハラに遭ってしまった時、どう対応するべきか。パワハラ被害に遭わないように努めるにはどうすれば良いのか。パワハラ被害が増加している今、改めて考えてみる必要があります。

まず、自分が受けているそれは本当に『パワハラ』なのか。もう一度よく考えてみましょう。最近では、上司の言い方や、業務内容が少しキツイだけで『パワハラ』だと訴える人も居ます。自分の仕事の内容には、本当に1mmも不備が無いのか。上司の神経を逆なでするような発言をしてはいないか。自分がもし上司になって同じことを言われたらどんな気持ちになるか。それをよく省みる必要があります。

そして、パワハラ被害にいつ遭っても大丈夫な環境づくりが必要です。まず、初めにやっておくべきことは『同僚の信頼を得ておくこと』です。どんなに完璧に仕事を遂行したとしても、同僚の信頼を得られない人はいざという時に誰も助けてくれません。

そして、パワハラの被害に遭った時は、同僚全員で協力して、パワハラ上司に立ち向かいましょう。同じ意見を持つ人間が多ければ多いほど、その分確実な証拠を揃え、訴えることも出来ます。本当にパワハラ上司だとすれば、周囲も必ず協力してくれるはずです。

『自分は上司から嫌われているからもう駄目だ……』と後ろ向きに考えるのではなく、何故嫌われているのか、自分の何が駄目なのかをもう一度よく考え、それでもわからない時は一番信頼出来る同僚に正直な意見を聞いてみるのも良いでしょう。

そして、上司がパワハラを加えているのだとしたら、それは一刻も早い解決をしなければいけません。権力に負けず、人として間違ったことをしているかどうかを見極め、踏み込んでいく心の強さが必要です。


コミュニケーション術



酒田市 不動産
http://www.yamaichi4320.com/

アンカロン 副作用
アンカロンの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!