パワハラ相談室 TOP → 種類別パワハラ上司への対策 優柔不断型上司

優柔不断型上司

優柔不断型上司のパワハラは、有る意味厄介です。自分のことを『優しい』と思っているので、一度怒らせてしまった時の対応が大変です。他者からの意見に翻弄された挙句部下にとんでもない指示を出し続け、最終的には『僕は君に対してこんなによくしてきたのに!』『皆の意見を聞いて我慢してきたのに!』というキレ方をして周囲を困らせます。

優柔不断型の上司の場合、部下の意見にとても左右されやすく、気分屋型上司にとても近い発言をしやすくなります。先程まで『○○して下さい』と言っていたものが、周囲(主に上司の上の上司)のちょっとした意見で『やっぱり××しておいて下さい』と、コロコロと変わる指示を出し、『今すぐ何とかして欲しい』とそれを押し付けてしまう傾向が見られます。

優柔不断型上司と気分屋型上司との違いは、『自分を気分屋ではなく優しい』『自分は周りに気を遣えている』と思い込んでいるところです。これでは部下も仕事にならないどころか、多大なるストレスを抱えてしまいます。そして、上司は上司で散々周りの意見に翻弄された疲労も出て、いつかフラストレーションが爆発してしまいます。

本来このように責任感の無い優柔不断な上司は、上司として全く機能していないとも思われるのですが、通常時は人間関係を円滑にさせる為に奔走するタイプなので、周囲の人からは上司として認められやすいタイプでしょう。

しかし、こういう上司の場合、『自分が責任を被りたくない』と思っていることが大半です。自分の考えを前面に出したとして、あとで『○○部長はこう言ったじゃないですか』と責任を追及されるのが怖いのです。他の人の意見を聞いて優しいふりをしているのは、あとで『○○君がこう言ってたよな?』と責任をなすりつける為です。

このような上司がついてしまった場合は、意見を求められた時に必ず『○○部長はどうお考えですか?』と一度思っていることを聞き出し、言質をとる必要があるでしょう。そして、『私は○○部長が考えている通りにします』と言ってしまえば、責任をなすりつけられることもなく、優柔不断型上司からのストレスを回避することも出来ます。


種類別パワハラ上司への対策