パワハラ相談室 TOP → パワハラ以外のハラスメント アカデミック・ハラスメント

アカデミック・ハラスメント

『アカデミック・ハラスメントとは』、主に大学などで、大学教授が生徒に対して行う嫌がらせのことです。キャンパスハラスメントとも言い、パワハラの学内バージョンと考えても良いのではないでしょうか。

授業を受けさせなかったり、学生のプライバシーを公共の場や、学生達全員の前で暴露したり、専攻科目の変更を強要したり、論文を受理しない、教授が信仰している宗教への入信を強要するなど、アカデミック・ハラスメントとは、大人げない教授達が生徒達に対して行う嫌がらせです。

これらのハラスメントの殆どは、『生徒が気に入らない』『生徒に自分の意見を押し付けたい』という教授達の感情的なものが原因になっており、これによって悩まされている生徒達も多く、現在ではハラスメントの救済申し立てを出す生徒も増えているようです。

中には、これらの救済申し立てを放置するというアカデミック・ハラスメントも有り、この原因は『学校の品位が落ちるから何とか無かったことにしてもらいたい』という自己中心的なものです。生徒達に学費を払わせておいて、このようなアカデミック・ハラスメントに出る教授達は一体何を考えているのでしょうか。

そもそも、教壇に立つ者が生徒のことを考えられなくなっているのは、悲しい事実です。大学教授の中には、『私の教えがわからない生徒は授業を受ける資格が無い』などと仰る方も居ますが、それをわかるように伝えようとするのが教壇に立つ者の役割ではないのでしょうか。

仮にこのようなアカデミック・ハラスメントに遭った場合は、生徒で一丸となって教授を訴える必要があります。教授という立場を利用し、感情的に任せて力を行使するというのは一番大人げない行為です。


パワハラ以外のハラスメント



ディレグラ 副作用
ディレグラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ピアノ販売を札幌
http://www.piano-inoue.com/

http://www.biz-meeting.jp/
http://www.biz-meeting.jp/