パワハラ相談室 TOP → パワハラの対策 パワハラ問題の増加

パワハラ問題の増加

パワハラの問題は、年々増加傾向にあります。この不況において、日本は『仕事不足』であり『人不足』です。仕事を探してもなかなか見つからない人も居れば、人手不足(しかし大人数雇用するほどの資金が無い)で仕事がカツカツになっているという状況です。

この経費削減による人手不足によって、仕事はますます非効率になり、社員のストレスは上昇する一方です。そして上司のストレスも溜まり、結果パワハラを生む最悪の事態へと繋がっています。この為、パワハラの問題は年々増加傾向にあります。

このようにパワハラが増加している以上、私達はパワハラへの対策を知っておく必要があります。パワハラの根源自体絶てればベストなのですが、経済状況を変えるほどの力を私達は身につけていません。パワハラの原因は何であれ、パワハラ被害をこれ以上増やさない為に。そして、いざパワハラ被害に遭った時、速やかに対処出来るように、現状をよく知っておくことが大切です。

そもそも、パワハラが『増加』したのか、注目されるようになって『明るみに出るようになった』だけなのか。それは冒頭でもお話した通り、後者なのではないかとも考えられます。パワハラという言葉が知られるようになる前は、もっと泣き寝入りしていた人間が大勢居たのではないでしょうか。

雇用されている以上、上司には逆らわないのが普通です。それは社会的な常識です。しかし、上司も部下も互いに思いやりを持って接するからこそ、良い会社というものが成り立つのではないでしょうか。立場を利用して嫌がらせをすることは、上司・部下である以前に、人間としての道徳観に関わる問題です。


パワハラの対策



レーシック
レーシックなら患者さんとの信頼関係を重視する吉野眼科で!