パワハラ相談室 TOP

パワハラ相談室へようこそ!

『そりの合わない上司が居るから、会社には行きたくない』。こんな言葉、よく聞きますよね。もちろん、社会に出れば色んな人が居ます。全てが全て性格の合う人ばかりでは無いでしょうし、上司とそりが合わないからと言って、すぐに仕事を辞めるわけにもいきません。

しかし、上司である特権を悪用して、部下に嫌がらせをする『パワハラ』(パワーハラスメント)というものがあります。この言葉が出来たのはつい最近とは言え、上司の『部下いじめ』というのは昔から有るものではありました。ただ、それがパワハラという言葉で認識されるようになっただけです。

そして、なぜこのようなパワハラに着目されるようになったかと言えば、現代人に多い『鬱病』の原因の一つとして、パワハラが挙げられるようになったからです。上司からの嫌がらせで鬱病になり、会社に行けなくなるというパターンは、最近よく目にする特記事項です。

労働は尊いものです。しかし、過度な労働は、時に人間の心を蝕み、善悪の判断がつかなくなるまで狂わせ、他者を傷つけることすら『これが正義だ』と言ってのけるようになります。パワハラは、上司達の労働のストレスから発生したものと考えても良いかもしれません。

しかし、パワハラを受けた方が被害者であることはもちろん、それを行う上司もまた心の病であることを、私達は知っておかなければいけません。そして、人間を心の病に至るまで追い込んでしまう社会を作ったのも人間であることを忘れてはいけません。

労働の尊さは、何も収入を得ることだけではないのです。仲間と協力して一つの目標に向かい、ものごとを達成させ、己を向上させていくこと。そして、それを生業として日々生きていくこと。これこそが労働の喜びであり、仕事をストレスに感じるまで追いつめているのは、他でもない、周りに居る人間なのです。

上司は絶対にストレスを部下に向けず、人間としての尊厳を忘れないこと。そして、部下は上司のストレスの要因にならぬよう、与えられた業務を全うした上で、上司を思いやること。最低限これを守っていれば、パワハラなど起こり得ないのです。このサイトでは、パワハラとは何か、パワハラの種類、パワハラへの対策についてお話していきたいと思います。

二重まぶたのメイク化粧品
http://eyehorn.jp/

アトピー 石鹸

名古屋 リフォームhttp://yukikentiku.sunnyday.jp/